有酸素運動のカロリー消費量を計算して、効率的に脂肪燃焼&ダイエットしよう!

「夏に向けてダイエットを頑張ろう!」
「中性脂肪が気になってきたから運動を始めて痩せようかな・・・」

このように有酸素運動をする理由は人それぞれですが、もし「痩せる」ことが目的なのであれば「カロリー消費量」をきちんと計算して運動することが、効率的なダイエットにつながります。

有酸素運動で消費するカロリー計算はとても簡単です。
「体重(kg)×運動強度(メッツ)×1.05×時間(h)」
この計算で簡単に求めることができます。

※どの運動がどれくらいの運動強度(メッツ)なのかはこの後に紹介します。

脂肪1kgは7200kcal。

この7200kcalという基準と有酸素運動の消費カロリーを計算して取り組めば、「目標体重を達成するために、どれくらいの時間、どれくらいの強度で有酸素運動をすればいいか」が見えてきます。

何より「こうすればこうなる」という明確な目標が持てるため、ダイエットも継続しやすくなります。

それでは有酸素運動の消費カロリーについてさらに詳しく見ていきましょう!

有酸素運動の消費カロリーはMETSを知ることから

METS(メッツ)とは、何もしていない安静状態を「1」としたときの、身体活動の強度を表す数値です。

メッツが大きければ大きいほどエネルギー消費の激しい運動になりますし、その有酸素運動での消費カロリーの目安を計算することにも役立ちます。

各有酸素運動のメッツ

では、どんな運動がどれくらいのメッツなのでしょうか?

厚生労働省のHPでは、以下のようにメッツについて紹介があります。

歩く・軽い筋トレをする・掃除機をかけるなどは3メッツ、速歩・ゴルフ(ラウンド)・自転車に乗る・子供と屋外で遊ぶ・洗車するなどは4メッツ、軽いジョギング・エアロビクス・階段昇降などは6メッツ、長距離走を走る・クロールで泳ぐ・重い荷物を運搬するなどは8メッツといったように、様々な活動の強度がすでに明らかになっています。

引用元厚生労働省,e-ヘルスネット,メッツ / METs(めっつ)

この文章の最後には「様々な運動の強度がすでに明らかになっています」と書かれています。では、その「様々な運動の強度」はどう明らかになっているのでしょうか?

明らかになっている有酸素運動のメッツ

有酸素運動のメッツは「国立健康・栄養研究所」の「身体活動のメッツ(METs)表」にて詳しく紹介されています。

バレーボール 3METS
軽い筋トレ 3METS
ボーリング 3METS
ウォーキング 3METS
掃除 3~3.5METS
ゴルフ 4METS
早歩き・速歩 4METS
自転車 4METS
野球 5METS
軽いジョギング 6METS
階段昇降 6METS
スキー 7METS
テニス 7METS
サッカー 7METS
ランニング 8METS
水泳 8METS
なわとび 12.3METS

最初に紹介したように、有酸素運動で消費する消費カロリーは
「体重(kg)×運動強度(メッツ)×1.05×時間(h)」
で求めることができます。

ですので、上記のMETSを目安にすれば、行う有酸素運動の消費カロリーの目安が分かるのです。

3METSの運動を1時間行った場合

体重50㎏の人が3METSの運動を1時間行った場合は、

  • 50kg×3METS×1.05×1h=157.5kcal

消費することになります。

なお60kgの人だと189kcal、70kgの人だと220.5kcalを消費することができます。

6METSの運動を1時間行った場合

体重50㎏の人が6METSの運動を1時間行った場合は、

  • 50kg×6METS×1.05×1h=315kcal

消費することになります。

なお60kgの人だと378kcal、70kgの人だと441kcalを消費することができます。

メッツが上がれば上がるほど消費カロリーも掛け算式に増える

つまり、運動強度であるメッツが「倍」になれば、消費カロリーも倍に増えるという事です。(ただし、あくまで目安です)

そこでダイエットを考えている人にオススメなのが「ウォーキング」「ジョギング」「ランニング」などの「歩く・走る」タイプの有酸素運動です。

有酸素運動でカロリー消費するために「歩く」「走る」がオススメな理由

ウォーキングは3METS、早歩きは4METS、軽いジョギングは6METS、ランニングは8METSです。

体力がない人は最初は「ウォーキング」しかできないかもしれません。
ウォーキングのメッツは低いですから、ウォーキングだけではなかなか脂肪が落ちないと思うこともあるでしょう。

しかし、有酸素運動を続ければ、いつかは早歩きで歩けるようになり、軽いジョギング、ランニングもできるようになっていきます。

そうなるとメッツも倍以上に増えるため、消費カロリーも倍以上になっていきます

ですから、ダイエットを考えている人ほど、「体重」ではなく、まずは「体力作り」に力を入れてみましょう

「歩く」「走る」がオススメなのは、

  • 自分のペースで歩く・走るを決められる
  • マシンなどを購入する必要がない
  • 負荷を自分で決められる
  • いつでもどこでも運動できる

こういうメリットがあるからです。

有酸素運動の消費カロリーは「運動」が決めるのではなく、「運動のメッツ」で決まります。

体力が多い人ほど強度な運動ができる=消費カロリーが多くなることは事実ですので、体力作りを頑張っていきましょう。

さいごに

「有酸素運動で痩せよう」

そう思った時に、私は「より消費カロリーの激しい運動を選びたい」と思って色々調べていました。

しかし、体力がついた今だから分かります。
「効率的な有酸素運動探し」をしていたら、いつまでも痩せません。

「体力がないから1回あたりの運動の負荷が低く、結果として消費カロリーも少なくなっている」

本気の人ほどそのことに気付くべきです。

「歩く・走る」は時間があればいつでもできます。そして継続すれば確実に体力は向上します。

ですから今日からどんどん外に出て、歩いて(走って)みましょう。

なお、「もっと効率的に痩せたい!」というのであれば「筋トレ」「食事制限」も頑張りましょう。相乗効果でより痩せ体質になれますよ!

●筋トレ・プロテイン関係の記事

痩せたい人のための最強プロテイン
ダイエットをする上で欠かせないのが「プロテイン」です。ダイエットをすると脂肪とともに筋肉も減っていきますが、プロテインを摂取することで筋肉の異化...
初心者の ジム筋トレメニュー!
せっかくジムに行って筋トレするなら「効果を最大限」にした筋トレメニューをやりたいですよね。でも初心者のうちは、きっとどうしたら効果が最大限になる...

●オススメの筋トレサプリ

HMB極ボディならムキムキになれる!他のHMBサプリと比較【口コミ】
みなさん、筋トレ頑張ってますか? 僕は最近、上半身と下半身を2分割にしていますが、昨日のデッドリフトを頑張りすぎて、背中下あたりがこれまでにな...
最高のHMBサプリ決定戦No.1は?

当メディア「HMBサプリLABO」は「体で検証するメディア」を目指して運営をしてきました。そしてこれからも、どんどん自分の体を使って、実験していくつもりです。

そんな中、今まで使ってきた中で一番良かった最強のHMBサプリ。それが「バルクアップHMBプロ」です。

HMB2000㎎を配合しながら、グルタミン、BCAA、クレアチンなど、筋トレをサポートする栄養素がしっかり配合されています。本気で体を鍛えたい方に、自信を持ってオススメできるHMBサプリです。

バルクアップHMBプロの効果や口コミ

上記記事では、僕自身のバルクアップHMBプロを使ったガチのビフォーアフター画像を掲載しています。筋トレ×バルクアップHMBプロで理想の体を手に入れましょう!

>>HMBサプリLABO厳選!HMBサプリランキングはこちら

関連記事

NO IMAGE

筋トレをしても体脂肪が減らない理由とは?理解と対策まとめ

食べるとお腹が出る人と食べてもお腹が出ない人の差って何?理由・原因と今日からでき...

痩せたい人のための最強プロテイン

痩せる最強プロテインはどれだ?!ダイエット目的の方のプロテイン選び

筋トレ筋肥大目的のオススメホエイプロテイン

筋トレ向けホエイプロテインのオススメはこれ一択?海外製プロテインが最強の理由とは...

ダイエットでリバウンドしない食事とは

ダイエットでリバウンドしない食事のポイント【14日目】

NO IMAGE

肥満遺伝子検査キットでダイエットは効率的になる?検査の価値とキット比較